COMMENT
展示受注会と、ブランド説明会を同時開催しました
CASE

プリンス展示受注会2012

会場
ベルサール新宿セントラルパーク

「プリンス受注展示会」は、米国のテニス用品ブランド「プリンス」を日本に輸入・販売しているグローブライド様が、年2回開催されている販売店向けの展示受注会です。アルペンなどの量販店から小さな専門店まで、さまざまな販売店の担当者に対してテニスラケット・ウェア・シューズなどの展示受注を行いました。また、2012年秋冬シーズンに向けたテニスウェアなどの新製品発表も兼ねました。
さらに今回は、本国よりプリンス・スポーツ・インクの社長が来日。プレスや有力販売店に対して、社長自らが2012年の「プリンス」ブランドコンセプトなどを発表しました。

十分な広さと綺麗な印象

今までの場所では手狭になり、グローバルライド様は新しいホールを探していらっしゃいました。ベルサールにはもともと綺麗な印象を抱いていただいていましたが、スペース面でも条件が合い、今回ご利用いただくこととなりました。

展示会場とブランド説明会場を隣接させたい

今回のイベントでは展示受注会と同時に、米国プリンス・スポーツ・インクの社長によるブランドコンセプト説明会も開催されました。「来場者が移動しやすいよう、隣接した2つの会場を用意したい」とのご意向から、展示受注会をAホールで、ブランド説明会を隣のBホールで行える新宿セントラルパークをお選びいただきました。

搬入のしやすさもポイント

トラックを横付けできるなど搬入がしやすい点も、新宿セントラルパークを選ばれた要因です。

大小の販売店200社強の担当者が来場しました。ベルサール新宿セントラルパークは初めて利用しましたが、「天井が高くて開放感がある」など来場者からの評判も上々でした。

十分な天井高と真四角のスペースは非常に使いやすかったです。また施設が新しいためか、スクリーンやプロジェクターなどの設備面にもとても満足しています。

初めてのホールだったため勝手が分からず、ベルサールの担当者に準備段階で手伝ってもらえたのはとても助かりました。ケータリングも今までは別途手配していましたが、ホールにお願いできたので良かったです。

可動式のバトンがホール中央にありましたが、来場者の導線の面から、そこにフラグを吊るすことは避けました。壁際にもバトンはありましたが、それは下まで降りてこないため、結局フラグを吊るすことができませんでした。(今回のような規模では、業者を入れるわけにもいきませんでした。)せっかく天井高が十分にあるので、それを活かしきれればさらに良かったと思います。

グローブライド様は同様の展示受注会を年2回予定されていますが、秋に開催するイベントは今回よりも少し規模が小さくなります。また、ブランド説明会は毎回行うわけではありません。

このように次回開催時は今回と同条件ではありませんが、ベルサールの設備やサービスに対して非常にご満足いただいており、来場者の評判も高かったため、今後も条件次第で積極的に利用したいとの声をいただいています。