COMMENT
大きな会場が狭く思えたほど、
来場者数が予想をはるかに上回りました
CASE

Campusキャリア
「就活応援フェスタ」

会場
ベルサール新宿グランド
2011年12月1日・2日

「就活応援フェスタ」は、学生生活サポート事業などを展開する毎日コムネット様が、年数回開催されている就職活動の合同説明会です。

クラブ・サークル・ゼミなどで積極的に活動している学生に限り、完全予約制で招待されており、またその結果として、優秀な学生を求める人気企業が多数参画されています。そのため価値あるイベントとして捉える学生が多く、毎回非常にたくさんの方が来場されています。

今年、日本経団連の方針によって、2013年度の新卒採用活動はすべて12月1日以降に行われることとなりました。その開幕日である12月1日は学生・企業ともに非常に注目しており、この日程でのイベント開催を予定していたため、2011年12月にオープンするベルサール新宿グランドの「こけら落とし」をご提案しました。

開催日程とのマッチング

毎日コムネット様にとって開催日時は絶対です。その日程に合わせて、ベルサールが「こけら落とし」をご提案できたことが、最大の決め手となりました。

規模に合ったサイズ

就活イベントとしては異例の数千人規模で開催しているため、会場のサイズは大切です。今回は来場者数が想定よりもはるかに多くなりましたが、この規模を収容できる数少ない会場の一つとしてご満足いただけました。

もともと約4,000人の来場を想定していました。しかし、今年は新卒採用の活動開始日に注目が集まっていたこともあり、事前予約数7,381人、2日間合計の来場者数5,172人(予約数の70.1%)と、予想よりもはるかに多くの学生が集まりました。
十分な大きさの会場と考えていましたが、ブースによっては立ち見の方が多く出てしまうなど、結果的には「狭かった」という意見も上がりました。けれど、これはあくまで「うれしい誤算」。イベント自体は大盛況だったので、とても満足しています。

来場された学生の中には、イベント後にツイッターで高く評価してくださった方もいらっしゃいます。また、普段は学生との出会いが少ないBtoB企業のブースにも、たくさんの学生が集まっていたこともあり、企業サイドからも満足の声をいただいています。

会場がとてもキレイだったのが印象的でした。搬入時に、車高制限がなかったのもとても便利だと感じました。

何より、会場内に柱がないのはポイントが高いです。レイアウトを自由に組むことができるからです。

一方で、会場が完成前だったため告知時の会場名が不明確で、周りにベルサールの他会場も多く、迷われた方はいらっしゃいました。建物内のコンビニも12月1日にはオープンしていると伺っていたのですが、それが間に合っていなかったのも残念でした。

毎日コムネット様は、今回と同じような大規模の就活イベントを、年に数回予定されています。また、比較的小規模の学生生活サポートイベントも予定中です。

ベルサールは会場のサイズとしてはマッチしているので、やはり最大のポイントは開催日程と合うか否かとなります。日程に合ったベルサールからの提案を、とても期待していただいております。